「部活問題」を考える

「部活問題」「ブラック部活」を中心に、現役高校教師Kが学校現場の問題点を考えていくブログです。

日本全国の教育委員会は、各校にガイドライン厳守を徹底させよ。

今年の夏も、相変わらず我が校では酷暑・猛暑の中

連日部活動が行われている。

熱中症症状で倒れる生徒は続出したようだが、

幸いにも死亡などの大事には至っていない。

この時期に練習を行うのは

ほとんど生徒・児童虐待に近いと思うが

職員室でそんなことを口にしようものなら

とんでもないことになるので黙っている。

 

過重な練習を課しているが故に生徒の疲労は

蓄積され、自宅学習もままならない。

提出された宿題の質は低いし、

模試の結果も思わしくない。

 

模試の結果に成績会議は重たい雰囲気だが

「部活動に制限かけませんか」とはとても

言えない空気である。

部活動で生徒から学習する時間を奪っておいて

「学習時間が少ない」と言っている教員を見ると

呆れかえって物も言えないが、私以外の職員は皆

「部活動で学習時間がない、というのは言い訳だ」と固く信じている。

 

実はスポーツ庁が

 という立派なガイドラインを配布している。

これに基づいて、各自治体は各校に「適切な部活動運営をせよ」と

指示しており、我が校でも「休養日の設定」や「年間活動計画」などを

定めたのだが、例によって見事に骨抜き状態とされている。

 

だいたいこの手の上からの指示は

「各校の現状に応じて」とか「各種目の実態に応じて」

などの付帯条件がくっついてくるため、

「うちの部は〜だから無理」と実質無視されてしまう。

 

国はガイドラインを作って仕事した気になっているし、

各自治体教委は上からの指示を下に伝えて仕事した気になっているし、

各校管理職は上からの指示に基づいて、「指示は伝えましたよ。計画立てさせましたよ。」と

報告するだけで仕事した気になっている。

 

しかも、私の勤務校では競技力低下などを心配する各顧問に「忖度」して

「本校ではテスト前・テスト期間などに部活動停止期間を設けているので

 その期間も”休養日”として勘定して良い」という独自ルールになっている。

 

つまり、普段は休みなしでガンガン部活動しまくり、

テスト前とテスト中に部活動しない日をもって

「休養日を設定したことにしていいよ」という

メッセージである。

 

 普段学習するべき時期にガンガン部活動して学習時間を与えず、

テスト前に「時間をあげるから詰め込め」という作戦を

生徒たちは強いられている。以前と何も変わらない。

ある意味、生徒虐待であると私は思うのだがいかがだろうか。

 

 

そんな中、幾つかの自治体で

「部活動の過熱化にブレーキをかけよう」という動きが出てきたことは

評価したい。

 

<以下静岡新聞 2018 8月19日付 記事より引用>

牧之原市教育委員会は、市内3中学校の部活動基本方針を定めた。活動日は原則、平日が週3日以内、土日はどちらか1日、活動時間は平日2時間程度、土日祝日は4時間程度と設定。「夏休み明けから適用する」(橋本勝教育長)として教職員や生徒、保護者らへの周知を本格化させる。
 運動部、文化部の両方が対象。各校の管理職や保護者代表ら11人で部活動の在り方を検討する委員会を設け、2回の会合で方針を策定した。おおむね国や県のガイドラインに沿った内容。指導者と生徒が目標を共有し、主体的に活動する▽指導者は短時間で質が高く効率的な練習を目指す▽粘り強く、最後まで諦めない心を育む―などと理想像を掲げた。
 また市教委は2019年度から、これまで各校の責任で個々に委嘱してきた部活動の外部指導者を、学校支援員として各校へ市教委から派遣する形式に改める。運動部、文化部を問わないが、顧問不在の単独での指導はできない。担当者は「市教委としても独自に新たな人材を発掘していきたい」としている。

 

 例によって、各校の実態に応じて骨抜きにされそうな心配もあるが、

運動部・文化部の両方が対象だったり、周知を本格化する、という方針であるあたり

問題意識の高い教委関係者がしっかりと仕事をしたのであろう。

 

外部指導者を市教委から派遣する形式にするのも、

責任の所在をはっきりするためにとても良い取り組みだと思う。

外部指導者が「顧問不在の単独での指導はできない」がとても残念だが

部活動を学校から切り離すためには、まだまだスキップできない

プロセスなのだろう。道のりは長いが仕方ない。

 

牧之原市教委にはさらに頑張って、この施策を徹底していただき

この取り組み後に生徒の学力や学習意欲が

向上したとの先例を作って宣伝していただきたい。

 

部活動問題に関して、現場に自浄能力はほとんど無い。

各自治体教委などの指導力を今こそ発揮していただきたい。

 

 

 

猛暑・酷暑でも部活動を止めることはできない

全国で猛暑が続き、

メディアが連日その危険性を訴えている。

 

今年も学校現場で尊い命が失われ(部活動ではなかったが)

日本の夏の危険性を国民全体が改めて認識したはずなのだが

なぜか学校では誰も「部活動は中止にしよう」と言わない。

多くの学校に勤務してきて、毎年必ず生徒の誰かが熱中症で倒れるが

「暑い日は中止にしませんか」とは誰も言わない。

いや、私は毎年「中止にしませんか」と提案はするのだが

皆から睨まれたり冷笑を買っておしまいなのである。

BDK(部活だけ教員)は部活を取り上げられることは

生きがいを取り上げられることに等しいのだろう。

部活大好きな生徒や保護者からの反発も心配であろう。

 

我が校でも先日、文化部の生徒がエアコンが整備されていない室内での活動中、

熱中症になり倒れた。迅速な対応で2日程度の欠席で済んだのが幸いであった。

 

急遽職員会議が開かれ熱中症対応のマニュアル確認と

「くれぐれも注意・留意するよう指導してください」との管理職からの達しがあった。

管理職からの達しは、つまりその上からの達しである。

 

それらはそれらでとても大事なのだが

なぜ「暑い時は部活動を中止しよう」と命じないのか?

毎年必ずどこかの部活動で熱中症によって生徒の命が失われている。

関係省庁が「この暑さは災害レベル」と言っているほどの暑さなのに

なぜ「危険だから活動をするな」と命じられないのだろうか。

 

 

災害は防げない。だから事故が起きたら仕方ない、という発想なのか?

 

しかし自然災害と違い、

部活動による熱中症は完全に防げる。

「暑い時は練習しなければいい」のだから。

私が今運動部顧問なら、WBGT指数が28度を超えたら

原則練習中止、という部内ルールを設置する。

環境省という国の機関が「運動は原則中止」「激しい運動は中止」と

言っている危険度なのに練習を敢行するのは、許されない。

万が一部員にもしものことがあった場合、

「国の機関が『危険』と言っていた気候の日になぜ部活動を実施した」と

言われたらどうにも責任の取りようがない。

「認識が甘かった」という言葉では人命は戻ってこないし、

子供を亡くした親御さんの気持ちが収まるはずもない。

 

環境省熱中症予防情報サイト 暑さ指数とは?

このような客観的な指数を参考にして、

「危険」な時には部活動を中止すべきだ。

 

台風などの時に部活動は実施しないだろう。「危険」だからだ。

気象庁スポーツ庁環境省が「危険ですよ」と言っているのに

なぜ学校現場は「部活動を中止する」ことができないのか。

 

・生徒がやりたがるから

・保護者から「練習をしろ」とクレームが来そう

・競技力が落ちるから

 

様々な心配や思惑があろうが、

「命に勝るものはない」はずだ。

命を亡くしたら競技力どころの話ではない。

 

私は来年以降も、運動部の顧問を依頼(強制?)されたら引き続き

 

・競技、運動のスキル指導技術と知識がないため、素人考えの指導で生徒が怪我をするかもしれない心配をしている。

・WBGT指数が28度を超える日は「生徒の安全のため」原則練習を禁止する。

 (今の日本の気候なら5月下旬から10月中旬までほとんど練習できないだろう)

・休日は授業準備と家族のことをするため、練習に原則つけないため練習をしない。

・上記に対して生徒、保護者からクレームが来たら、「任命責任」がある管理職で対応しろ。

 

の4点をしっかり伝えたいと思っている。

特に最初の2点は生徒の安全のためである。誰も反論できまい。

 

現状では「部顧問就任を強制される」ことを完全に防ぐことはできないが

「こいつには強制できない(頼みにくい)」と思わせるには

十分な材料である。

 

今日も校庭では、猛烈な西日が差し込む中、生徒が練習に取り組んでいる。

その姿は確かに素晴らしいが、私には危なっかしく見えて仕方ない。

なぜ他の教員は危機感を持っていないのだろうか?

私がおかしいのだろうか?心配しすぎなのだろうか?

 

どうか、生徒が部活動で亡くなる、などという事故が今年こそ起きませんように・・・

公立進学校に勤務して改めて感じること   「部活動は生徒にとって害多くして利少なし」

 

  新しい勤務校に転勤して以来、忙しすぎて1年弱ブログを更新できなかった。

 

 現在の勤務校は、地元では伝統進学校である。

 

素晴らしい素質を持った生徒が多く集まり、部活動のレベルも高い。 

 

 私は希望通り、教科系部活動の顧問となった。ブロック大会、全国大会や総合文化祭、発表大会の出場常連校であるため、引率と指導のために放課後・休日返上を余儀なくされここ1年肉体的にも精神的にも大変であった。部活動だけではなく模試監督も土日にバンバン入り、「進学校らしい」忙しさを経験している。

 

 しかしながら、以前のエントリーで書いたように「顧問としてイニシアチブを握り、活動をコントロールする」ことを、徐々に実行へと移しつつある。削るところは削り、沈静化すべきは沈静化させねば、私も生徒も「長く続けられる活動」にはならない。部活動はどのような競技・分野においても、活動が次第にエスカレートしがちだ。生徒の肉体的・心理的負担を考えて活動をセーブし、前向きに学習に取り組ませる責務が顧問にはあるはずだ。

 

 この一年で感じたことは、進学校の生徒でも「部活で疲れ果てて勉強できない」と言うのだなあということである。「当たり前ではないか!」と思われる方もいらっしゃると思うが、私は初めて進学校に勤務しているのでお許しいただきたい。

 

 廊下を歩くと「授業と書いて『ひるね』と読むのか?」というくらい生徒はよく寝ている。部活(とその後の宿題)で疲れきっているからだ。部活で時間を取られ、体力を削られ、宅習ができない上に授業中も眠くなって、なお学習に遅れを生じると言う悪循環に陥っている生徒ばかりである。

 ちなみに部活動加入率は90%を超える。進学校なので、日々かなりの宿題と予習も課されるため、部活動が終わって帰宅し深夜遅くに学習に取り組む生徒が多い。「休養日を設ける」という申し合わせも過去にあったようだが、ほとんどすべての部活で無視されている。

 「テスト前〜日は部活動停止」という内規すら、たくさん設けられた例外規定で事実上骨抜き運用されている。某部活に至っては「昼休みに昼練習があるから、2〜3時間目の休み時間に弁当を食べ終えておく」という『自主的な練習』が全員強制で行われているくらいである。そのおかげで部活動では優秀な成績は納めているが、「果たしてこれは健全なのか」と思わざるをえない。

 部員の成績が低いとそれらの部顧問は嘆いているが、きっとブラックジョークなのだろう。もっと言えば、上記の実態が私には児童・生徒の虐待に思える・・・のだが、職場では誰も何も言わない。連日「不祥事防止」と連呼し、提出書類の半角ズレや点の位置などを細かく指導する管理職も、部活動の暴走には何も言わないのは驚きだ。それとも私の感覚が世間の常識からズレているのだろうか?

 文武両道を成し遂げ部活でも学習でも高い成績を出し、難関大に合格する生徒もいるのだが、「中学校時代までは神童だったが、今では三年寝太郎と化している」生徒もとても多い。地域有数の進学校としての責務を果たしていると言えない実態である。この悪弊を絶つためにも、私の部活動が少ない活動時間でしっかり成果・結果を出すことで学校全体の模範とならねば、と思っているところだ。

 

 この一年で私は、やはり適切に運営されていない部活動は子供・生徒にとって害多くして利少なし、と確信した。今年も部活動の異常さをしっかりと訴えていきたいと心に決めた新年であった。

転勤先に挨拶に行ったら、いきなりの先制攻撃を受けた!

新しい職場に挨拶に赴いた。

以前この学校は

「365日中364日働く職場」とも

噂されていた県下有数の忙しい学校だ。

 

すぐに校長室へ通された。

 

一通り校長先生と挨拶を交わしたら、

教科主任(私の先輩)が呼ばれ仕事の話になった。

 

校長「K先生の分掌はどうなりそう?」

主任「いや、それはまだ発表が・・・」

校長「そうだったねえ!ははは(^◇^)!

   部活の顧問は?

主任「そうですね。Kさん、部活は何がいい?

 

おおっと!

やはり分掌や教科指導の話をする前に部活の話か!!

しかも管理職ではなく、教科主任による口頭での聞き取りだなんて!

予想はしていたが、やはり「しない」という選択肢はないらしい。

 

過去の記事で書いたとおり、

文字でしっかりと記録に残して、教頭に提出したいのに・・・。

 

まるでランチのメニューを決めるかのような気軽さで質問されるなんて、学校の雰囲気を表していてとても先行き不安である。

 

しかし学校長もいることだし、

希望を主張しないほうが不利になりそうだ。

 

いつもどおりにしっかり希望を主張した。

 

「□□部(教科系部活動)を希望します。前任校でも全国大会へ出場させました。また、△△部(文化部)でも過去2回総文祭に出場させています。」

 

少々戸惑った感じで校長と教科主任の動きが止まったように思えた。

 

 

校長「Kさん、運動部はどうなの?」

 

やはり来たか!

管理職にとっては運動部(文化部も)を土日返上で

指導する教師は最もありがたい部下であるに違いない。

 

(うーん・・・どうしよう?この職場のノリで

 迂闊に運動部の名前を出せばマズイことになりそうだ。運動部もやりがいのある学校ではあるけど。この学校ならもう一度インターハイを目指せる・・・。

 いや、もう10年前の自分とは違うのだ・・・。)

 

長く感じたが時間にして0.5秒くらいであったろうか・・・

心の葛藤にけりをつけた。

 

  「えーと・・・そうですね・・・

   運動部は・・・。すみません、特にコレというものはありません。

   強いて言えば、〜部(運動部)の顧問をしたことはあります。

   私自身に競技経験はありませんが。」 

 

と返答をした。

紙に書いて提出できないなら、せめて

「運動部指導や自分の専門外の指導には熱心でない」ことを強く印象付けることを目標に発言した。

 

「できること」と「できないこと」を

きちんと伝えることが大事である。

今回は急なことで心の準備ができておらず、

「できないこと」をきちんと主張できなかったのが

残念であったが、「やりたいこと」はきちんと

主張できたのは良かったと思う。

 

通るか通らないかは別として

事情と希望はきちんと伝えないと、

都合の良い「何でも屋」にされてしまいかねず、

自分にとっても生徒にとっても不幸である。

 

さて、次年度の部活動はどうなるのか・・・

明日、発表される予定である。

 

 

急遽転勤になってしまった!しかも超ガチの「文武両道」校に!

3月に入り、当ブログへのアクセスが急増し

来年度や転勤後の参考にしていただいている方が多いようだ。

部活動に疑念を持つ声が高まって、

部活動のあり方を見直す機運が高まればいいなあ・・・なんて思っていたら

他人事ではなく、私自身が先週急遽転勤を命じられた!

 

どうしよう?

 

やっぱり「土日も部活動します!」と

宣言しなかったから追い出されたのかな・・・・?

 

と戸惑っているうちに転勤先が決まった。

あまり書くとバレそうだが

私の地元ではトップレベルの「文武両道校」である。

 

以前ブログに書いたような

「部活動最優先の自称文武両道校」などではない。

部活動加入率、部活動の活動実態、進学実績

など、全てが圧倒的実績を残している学校である。

 

側から見れば「栄転」なのだが、

「その学校に赴任する以上、土日なんてない。」

と誰からも思われている学校に赴任するのは、

私にとっては複雑な心境である。

 

しかも・・・・!

管理職は私の大恩人が勤めている。

その上・・・!

教科の先輩も私の先輩教師が複数人いる。

 

おお・・・これは今までで最大の厳しい戦いを強いられそうだ。

「土日は部活指導できません」なんて言おうものなら

「お前はココに何しに来たんだ!?」と怒られるかもしれない・・・。

という気すらしてくる。

 

うーん、困った・・・

 

明日は転勤先に挨拶に行く。

良い報告ができますように!!

日本人のクレイジー過ぎるほどの「スポーツ好き」が部活問題に拍車をかける

日本人は無類のスポーツ好きである。

数少ない海外経験から判断しても

日本人ほどスポーツが好きな民族は

そうはいないのではなかろうか。

 

私は地方に住んでいて、

かなり昔気質な人たちに囲まれているが、

私の子供が生まれた頃、よく近所の方から

「お子さんには何の部活(スポーツ)をさせるんですか?」

と聞かれた。

飲み会の席などではそのまま放っておくと

「(自分がコーチをしている)少年野球をやるべきだ!」

「(自分がコーチをしている)イヤイヤ!バスケだよ!」

と早くも争奪戦が始まる。

 

まあ、挨拶や話題の一つであるし

相手に悪気があるわけでもないから

私も大人らしく対応はしたが、それにしても

まだ目も開いていない赤ちゃんの頃から

将来何のスポーツをさせるのか、

を嬉々として話題にする人たちには正直驚く。

 

スポーツ以外にも人生において楽しいことや

やるべきことはいくらでもあると私は思っている。

子供が選べば良いのだ。

スポーツはその選択肢の一つでしかない。

 

さて、そんな大人たちを見ていて思ったのだが

日本人には「異常なほどにスポーツ好き」が多い。

 

しかし「スポーツが好き」と言う特に大人の多くは

「スポーツをするのが好き」なのではなく

「スポーツを見るのが好き」なのである。

昔はスポーツをやっていたかもしれないが、

歳をとり、体力もなくなり、仕事で時間もなくなる。

年に1・2回くらいは町内会のスポーツ大会に出るが、

「スポーツが好き」な大人で、

日常的に自身がスポーツに取り組む人は案外少ない。

 

例えば、オリンピックやW杯など、

自分がやったことない、特に思い入れがない競技でも

多くの人が応援する。

 

みなさんの周囲でも、野球の話で盛り上がる人たちが多いだろうが

果たしてその中の何人が今でも自分で野球をやっているだろうか?

 

このような「他人がやるスポーツを見て楽しむ」人たちの多さが

部活問題の理由の一つだと私は思っている。

 

部活動だけ教員や、部活大好き保護者、部活大好き教委や管理職もスポーツに取り組む若者たちの姿を見ることで満足感を得ている面が少なからずあると私は思っている。

 

本人たちがやりたくてやる競技を、

周囲の人が応援して楽しむのはご本人たちの趣味嗜好だが、

それを周囲に押し付けるのは暴走である。

 

このような発想の人たちが、

本の学校行政や現場を動かすから

「部活動全員加入」

「教員全員が部顧問をすべきだ」

などと言い出すのである。

 

個人の自由意志で関わるべきところを

「これはいいものだ!」と宗教であるかのごとく信じきって

周囲に無理矢理押し付けるから歪みが生じるのだ。

 

ということでとても気になるニュースがあった。

 

www.nikkei.com

 

もうね、どこからツッコんだものか・・・

 

オリンピックは大多数の人にとって

「見て楽しむもの」である。

無理矢理に競技人口を増やそうなんて勘違いもいいところだ。

 

東京オリンピックが決定した頃から

何かと「スポーツ振興」という言葉を

聞くようになって危機感を持っていた。

 

>スポーツが「嫌い」「やや嫌い」の中学生を半減させ8%にする

 

 「好き」が増えるように努力する、のなら分かるが

 中学生のスポーツ嫌いを「半減させる」という数値目標が

 どう考えても生徒にとっても教師にとっても危険な結末しか予想できない。

 

 「個に応じた指導」ってどこに行っちゃったんでしょうね?

 多様性を尊重するような教育が重視されていませんでしたっけ?

 スポーツ嫌いの中学生が6人に一人の現状ってそんなに悪いですかね?

 6人に5人はスポーツが好きって言ってんでしょ?十分高いでしょ!

  

 そしてこんなのを真に受けて、

 教育行政がますます部活動の活性化を

 目指さないかがとても心配である。

 

 何しろ「一億総〜」と銘打っているのだ。

 猫も杓子もスポーツをせよと言っているのだ。

 「部活動全員加入」を目指す部活動大好き教員たちに

 格好の材料と受け取られないだろうか。

 

そう言えば「一億総特攻」なんて言っていた時は

「すべての日本人が国家のため戦争の犠牲になるべし」という

価値観が強要されていたはずだ。

 

異なる価値観を持つ人はすべて社会的に圧殺されていた。「一億総スポーツ社会」という言葉や動きが、部活動大好きな人たちに都合よく使われて、部活動最優先主義の価値観押し付けに使われないかとても心配だ。

 

部顧問拒否・部活動指導拒否を行う教員を

「みんなやっている」

「教師たるもの部活動指導は当たり前だ」

と学習指導要領も労基法も無視して非難する人たちと

あの当時、体制・大勢に従わない人を「非国民」と非難した人たちが

重なって見える気がするのは私だけではあるまい。

 

東京オリンピックをテコにした

様々なスポーツ振興は大いに結構である。

好きな人たちが好きなだけやれば良い。

 

しかし、

教員のサービス残業や休日返上を当てにした部活動振興策は絶対に許されない。

 

ブログやSNSで声をあげていくしかない。

同志の皆さん、声をあげ続けましょう。

 

ネット上で仲間を増やし、意見を発信していきましょう。

もはや学習の場ではなく、

部活の場と化している

本の学校の現状を訴えるのです。

 

どれだけ子供達が不利益を被っているか

訴えていけば耳を傾ける人も増えます。

 

レッドシールを机に貼るとともに

職場で部活問題に関する話題を提供していきましょう。

声をあげたくても上げられない仲間が

職場にもいるはずです。

職場でも部活問題を考える輪を広げるのです。

 

「部活はとにかく素晴らしい」

「部活のために教師になった」

このような価値観を押し付けられて教員生活を送ったせいで

部活が数々の問題をはらんでいることすら知らずに、

教師なのだから仕方ないと自分を信じこませ

部活指導の無限ループに陥っている先生たちがいます。

 

「教材研究できてます?」

と何気なく聞くだけで、

部活問題について話し合うきっかけになります。

部活のせいで出来ていない様々なことを雑談しているうちに、

洗脳されていた自分に気づくかもしれません。

 

近いうちに

「部活というマインドコントロールから

 自分、そして同僚を解き放つ」

をテーマに記事を書こうと思います。

 

今日も読んでくださってありがとうございました。

明日からまた一週間、児童生徒のために頑張りましょう。