読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「部活問題」を考える

「部活問題」「ブラック部活」を中心に、現役高校教師Kが学校現場の問題点を考えていくブログです。

教師は長時間労働するほど熱心で優秀、と評価されがち

明けましておめでとうございます。

今年も部活動をはじめとして、学校現場の悪習を直すため

現状を訴え、改善策を探っていく所存です。

 

年末にわが職場も忘年会が開かれた。

忘年会が7時から開始と言っても7時に始まることはない。みんな平気で遅れてくる。

 

仕事が多いせいもあるが、

仕事があるから遅れても許される、と皆が皆当然のように思っているからだ。

生徒には厳しく遅刻指導をしているのにね。

 

まあそれはいいとして(社会通念上は良くないと思うが)

宴もたけなわとなり、程よく酔いが回ってきた

学校長が私のいるテーブルにやってきた。

 

私は別に管理職を敵視はしていないので

大人として、部下として普通に接した。

 

学校長は私が授業改善に熱心なことに触れて

自分も教諭時代は熱心に授業準備に取り組んだことを語り出した。

「私がK高校(その地区ではトップ進学校)に勤務していた頃は部活動が終わった後、夕食を職員室で取りながら授業の準備をして日付が変わるまで頑張ったもんだよ。」

 

出た出た!深夜まで仕事した自慢!

先日も投稿した民間コンサルタントの方もそうだが

深夜まで頑張ることは日本のサラリーマンにとって

とても尊いことのようだ。

学校長は続ける。

 

「まあ、今風に言ったらブラックなんだろうねえ。そこまでやれとは言わないけどさ、授業準備は大事だよ。」

 

授業準備は大事であることは大いに同意する。

しかし、校長の言葉の端々に

「学校の先生たるもの長時間労働するのが偉い」

という信念がにじみ出ているのが気になる。

そもそも「ブラック」だと自覚しているのに何も対策を取ろうとせず自己弁護しようとしている時点で管理職失格である。

 

事務仕事や会議、部活動などで

授業の準備をする時間が取れないと

勤務実態アンケートで職員が訴えて、下からの突き上げが激しくなっており

多少なりともプレッシャーを感じておられるのだろう。

(あなたの管理能力が問われてるんですよ)と言いたかったが・・・黙っておいた。

 

校長の真意は

「教員なら多忙は当たり前だ。俺が若い頃は深夜まで仕事していたんだ。甘いことを言うな。」

という気持ちなのだろう。

でなければ、わざわざ「ブラック」なんて言葉を用いて

「そこまでやれとは言わないけどさ」と

弁解じみた言葉は言わないだろう。

 

組織のトップがこのように

「滅私奉公して長時間仕事している先生は尊い」

と考えるから、仕事が減らないのだ。

管理職は自分の実績作りのために

いろいろと新提案をするものだ。

その中に「仕事を減らす」が入ることはまずない。

新しい取り組みばかりが増えて、

古い取り組みを減らすことがない。

今までやってきた仕事を減らす、ことに罪悪感すら感じるのだろう。

だから仕事が増え続ける。

そしてその仕事の大半が「授業」にはほぼ関係がない

ものばかりであるのが、最大の学校現場のガンである。

 

「俺が若い頃は深夜までやっていた。それが当たり前。」

そのようにして出世した人は、次の世代にもそれを求めがちだ。

 

校長の話を聞いていた私の頭には次の記事が浮かんでいた。

www.fujixerox.co.jp

 

17時間起き続けたら脳の動きは

酩酊状態と変わらないらしい。

ちなみにこれは厚生労働省も数年前に訴えている。

睡眠対策 |厚生労働省

 

「正誤表」で訂正されているが、

アメリカの睡眠学会によれば

15時間起きていれば飲酒運転と同程度の作業効率らしい。

「深夜まで頑張っていた俺すげえだろ」

凄くなさがよく分かる科学的根拠だ。

 

竹槍で本土決戦の訓練をしていた、くらいの

見当違いな精神論を感じてしまうのは私だけだろうか。

 

「遅くまで頑張る先生は熱心で優秀」という考え方はもうやめませんか?

 

9時過ぎて働いている人は「酩酊状態」程度のパフォーマンスしか発揮してない可能性が高いですよ。

 

ということで、私は

「深夜まで頑張ってすごい系」の話はすべて

「ほぼ酔っ払い状態で仕事していてある意味すごい」

読み替えることにしています。

学校は「部活、会議、事業」が優先。学習指導は2の次。

こんなニュースを読んだ。

 

どこの学校も同じだと改めて感じさせられた。

 

仕事膨大で休み返上、教員の悲鳴 部活、会議、事業対応 | 福井新聞ONLINE

 

学習指導や授業の準備は2の次(いや3の次?)である。

 

部活動が最優先で、その次がペーパーワークである。

書類仕事が大切ではないと言いたいわけではないが、

それにしても先生たちのパソコンと向かい合う

時間の長いこと!様々な報告書が多すぎるのだ。

 

上からは様々な「何とか学力向上事業」などと銘打った

事業が次々に降ってくる。

「学力を上げさせたい」という上の気持ちはわかるし

現場もそれを望んで取り組んでいるのだが、

何しろその「何とか事業」の

計画書、途中経過、成果とまとめ、といった

報告書類が多いのだ。

授業改善のための様々な施作のための書類作りをする手間と時間のために、

授業改善に取り組む余裕がなくなるという冗談のような現実がある。

 

学校によっては毎週放課後に会議を持つところもある。

会議録が管理職に提出されるため、

主任達は会議のために2〜3日前から

会議用レジュメを作り出す。

会議のために週の半分は仕事をしているようなものだ。

 

そして毎週1〜2時間も会議が行われる。

その間生徒はほったらかしである。

 

先日会議前にでこんなことがあった。

若手A先生

 「B先生は生徒対応で(会議に)遅れるそうです」

 

ベテランC先生

 「え?会議があるって分かってるはずだろう。全く。」

 

みんな忙しいところを時間を守って集まっているのだからC先生の気持ちは

良く分かるつもりだが、

「会議が優先だろ。生徒なんて後回しにしてでも会議をしろ。」

という(私のいる学校の)雰囲気がよく分かるやり取りだった。

生徒の訴えを十分に聞かずに、命に関わる様々な問題が

あちこちの学校で起きているのに、である。

 

こんな学校の多くが

部活と会議と書類、が仕事である。

授業はその間に入るだけだ。

年中、部活か会議か書類、しかしていないから

肝心の生徒の成績は上がらず、進学実績も上がらない。

そしてその対策のために、さらに会議と事業に取り組む、

という悪循環である。

 

多忙が問題というよりは、

学習指導以外の仕事が多すぎる、のが問題である。

多くの現場では、教師は「部活する」「会議する」「書類作る」のが本務となっているのが現状である。

「勉強を教える」はその次になってしまっている。

「民間はもっと大変ですよ!」とおっしゃる方とお話しした件

先日、ふとしたきっかけでお酒の席をご一緒した方との話。

 

仕事柄あまり他職種の方と話をすることがないが

ひょんなことでそんな方(仮にA氏としておく)と

お酒の席で隣同士になった。

 

コンサルタントをされているらしく、

色々な企業に出入りされているとのこと。

 

A氏「最近は先生という仕事も大変そうですね」

 K「そうですね・・・まあ色々ありますねえ」

A氏「今一番何が大変ですか?」

 K「長時間残業ですかね〜まあ今に始まったことじゃないけど」

A氏「噂には聞くけどそうなんですね。毎日何時まで(仕事)ですか?」

 K「その日にもよりますが、うちの学校は9時とか普通です」

A氏「え?そんなん僕の出入りしているIT系に比べたら大したことないですよ?」

 (何甘いこと言ってんだ、全く公務員はこれだから・・的な口調)

 

 K「そうなんですね〜。そちらでは何時くらいですか?」

A氏「遅い時は10時〜11時は当たり前ですよ!(なぜかドヤ顔)」

 

 ここまでのやり取りをしながら正直私も

「民間は大変だなあ。やはり残業反対を訴えるのはわがままなのかなあ?」と

 感じ始めていた。しかしここで私にしては珍しくピーンと来た!

 

 K「ところでその会社さんは始業何時ですか?」

A氏「え?そりゃあ9時ですよ。」

 

えーとですね・・・

 

学校の先生は、もちろん人にもよるが、

8時には学校に来るのが普通ではなかろうか?

だいたい8時すぎには朝の職員朝礼をしないと

朝の会や1時間目に間に合わない。

 

朝補習や朝練、生徒の登校指導などで7時〜7時半には

学校に行く先生も多いことと思う。

私の勤務する高校でも7時半には大抵の先生は出勤する。

 

ここで単純な引き算をしてみる。

7時半に出勤して夜9時に退庁したとして

勤務時間は13時間半となる。

 

某IT企業で9時に出勤して13時間半勤務したら

夜の10時半である。

 

頭の中でA氏ご自慢の民間企業と比べてみたが

おそらく勤務時間の長さでは大差ない。

 

夜の遅さだけ比較したらそりゃあ私たち方が

「早い」のかもしれないが、純粋に比較するには

始業時間を考える必要がある。

 

我ながら大人気ないとも思ったが、

世の中の先生のためにも

A氏の誤解を解いておかないと

「学校の先生は甘い!」と

喧伝されかねないので、一言言っておいた。

 

K「うちの学校はだいたい7時半には出勤して実質始業しているんですよ」

A氏「・・・」

 

A氏は頭の中で計算して私の言いたいことを理解してくださったようで

自ら別の話題に変えてくださった。話のわかる方でよかった。

 

 もちろん世の中には朝7時から夜中まで勤務を強いられている

方もいらっしゃるとは思うので、

「学校の先生だけが辛いのだ」という気は毛頭ない。

 

しかし「学校の先生は甘い!」「民間はもっときついのだ!」と

学校の先生を責めても何の解決にもならないことは分かっていただきたい。

各業界の長時間労働の責めを負うべきは学校の先生ではないからだ。

 

授業以外のことに取り組まざるをえないことが長時間労働を招き

今日も質の低い授業が日本全国の学校で行なわれている。

 

部活動のあり方、を見直すべき時期に来ている。

「学校の先生なんだから部活動指導は当り前!」に対する反論

部活動問題を取り上げた記事などに寄せられるコメントなどで

必ず目にするのが

 

「学校の先生なんだから部活動指導するのは当り前!」

 

という意見だ。根底にあるのは「学校の先生のくせに甘えるな」と

いう情緒的な意見なのだろうが、労働者としての権利を主張することすら

否定しようという社会の風潮がブラック企業が堂々とのさばる日本社会を象徴している気もしてしまう。 

 さらに公立学校の先生は公務員なので「公務員のくせに甘えるな」という意識もこの種の意見の底にはあるのだろう。教員は免許を取得して仕事をする点で、医師や看護師などの免許制職業に似ていると思う。(医師になる難易度との違いはあるが)そこで冒頭の言葉を次のように変換してみたらどうだろう。例えば公立病院の医師や看護師に対して 

 

 「診察後に患者が運動する際は、無給で指導を行うのは当然だ。」

 「患者が出場するスポーツ大会があるから休日返上で付き添って指導しろ」

 「市立・県立病院の医師は公務員なんだから、勤務時間に関係なく診察しろ」

 

 という要求は通用するのだろうか?

 

 診察は医師が、その他の補助は看護師が、リハビリテーションは理学・作業療法師が、と仕事の中身が専門で分かれているのが普通である。時間外の診療はそれなりの特殊な事例に限られるはずだ。

 しかし私たちは「教師だから」という理由だけで専門外のスポーツ指導を、勤務時間外も休日も実質的に強要されている。

 

 「休日も診療しろ。報酬10分の1で」なんてことを医師に要求できる人がいるのか。しかし、多くの教師はほぼ無給に等しい「手当」で休日も部活動指導をしている。

 

 部活動の指導には特別の手当てが出る、生徒が優秀な成績を収めるとボーナスが出る、と思い込んでいる人も多くて驚く。「教員は部活費で稼いでいる」なんてデマをネットの書き込みで見たこともある。

 実際、私が接してきた生徒の多くもそのように思っていたようだ。私立校はいざ知らず、公立校ではそんなことはない。公務員なんだから決まった勤務時間に対する決まった給料しか出ない。当たり前だ。

 

 誰も「無報酬、無休暇で働け」と他者に強要することはできないはずだ。そのような要求は奴隷的搾取と言うのだ。

 時々そんな民間企業が問題になっているが、その企業が批判されるのが普通だ。批判の矛先が従業員に向かうことはない。しかし、これが教員となるとなぜか教員側を批判する人が増える。

 まあ「贅沢言わずに我慢して働けよ」という主張なのだろうが、部活動で疲弊した先生たちの質の低い授業は、その学校に通う生徒たちに確実に負の影響を与える。

 

 誰にどんなメリットがあってやっている取り組みなのか。デメリットと比較してそのメリットはどれだけ重要なのか。

 

 学校現場は経済感覚で測ることができないことが多いが

 部活動が引き起こしているデメリットは大々的な検証の必要性がある。

 

今年もやっぱり起きた・・・「熱中症による部活動死亡事故」

ブログの記事にするのも憚られるが

危ないと記事を書いていた翌日に

中学生が熱中症で亡くなったとのニュースがあった。

イムリーすぎて一月ほど記事を書く気力がなくなった。

しかし、日本の部活動問題を現場から訴えていきたい気持ちは

消えるどころかますます強くなったので、改めて記事を検索した。

その後の調査委員会の報告が行われた旨の記事を見つけた。

 

www.asahi.com

 

調査委員会は「指導が不適切だった」と結論付けたらしい。

「ランニング中に水分をとらせなかった」

「通常は30分間なのに、5分長く走らせた」

という点が「不適切な指導」に当たるらしい。

 

専門家による調査の結果なのだから

「不適切な指導」であったのは間違いではないのだろうが・・・

 

 

そもそも

日本列島各地で熱中症警報が出ている時期に

運動をさせたこと自体が不適切な指導ではないか?

 

どんな経緯で「無給水」となったのかは分からないが、

15分ごとに水分補給しなければならない状況で

運動させることは問題ではなかったのか?

5分長く走らせたことが主な死因なのだろうか?

 

気象庁が「運動は危険ですよ」と言っている

時期に部活動させていたこと自体に原因があるのでは?

調査委員会はなぜその点を指摘しないのだろうか?

 

生徒の命が失われたのに

「暑い時の部活動は禁止すべき」と

なぜ文科や教委は言わないのか?

 

 もう一つ、この調査には突っ込みどころがある。

指導が不適切だった、とのことであるが

この副顧問はそもそも運動を適切に指導できる

資格や経験があったのだろうか?

学習指導要領では部活動はあくまで

「生徒の自主的な活動」とされているはずだ。

 

生徒の自主的な活動に付き添って

「指導が不適切だった」と

断じられるからには、

それなりの職責が負わされていたはずだ。

 まさか、競技素人、スポーツ素人の先生ではあるまい。

 

 部活動の指導をするのに何か資格が必要なんて話は聞いたことないが

まさか、運動指導などの

資格や経験がない先生に

指導を押し付けておいて

「指導が不適切だった」と

言っているのではないだろうか?

 

「指導が不適切だった」と結論付けるからには、

その先生(達)が「自らの意思」で「何かあった時は責任を取る」つもりで

「部活動顧問に就任した」のでなければおかしい。

 

「他の部と兼任」とか

ハンドボールはやったことなくても副顧問だから大丈夫」

「若いからなんでもやれるでしょ」

なんてこじつけられて副顧問をさせられた先生だったのなら

この事故が起きた原因は「不適切な指導」だけではない。

「不適切な指導を行いかねない先生を顧問に任命したこと(者)」も

事故の原因の一つではないのか。

あくまで私の推測だが・・・。

 

あくまで想像するしかできないが・・・

 怪我や事故が伴う部活動を

素人に無理やり指導させたのなら

それは指導だけが不適切で

あったのではない。

部顧問を任命した者の判断や

部活動というシステムそのものも

不適切であったということになるはずだ。

 

本当のところは当事者しかわからない。

しかしこの事故は「部活動のシステム」そのものが

根本的な原因にあるのではないか。

 

こんなに若くして命を落とした生徒さんの無念と

お子さんを亡くされた親御さんの気持ちを思うと

胸が締め付けられる。

 

不幸な事故、不適切な指導、という言葉で無く

もっと部活動そのものを見直すべきだと

私は思う。

お盆は連日38度越え。それでも部活は続く・・・

 帰省のために高速道路を使った。途中のSA/PAでは

バスをチャーターして練習試合などに向かうと思われる

部活生の集団を多く見た。

 

 気象情報は連日38度越えの可能性を訴えているにも関わらず

部活動はお盆も休みなく練習が繰り広げられている。

 

 実家の前を地元の中学生がユニフォーム姿で登校していく。

夏休みと言っても、生徒も先生も休みなしだ。

先生はともかく、生徒は平常授業時よりもキツいだろう。

何しろこの気温で何時間もスポーツするのだ。

 

 高校では補習も行われたりして決して「休みモード」ではないが、

それでも夏休みは2学期以降の授業の充実を図るのに良い期間だ。

今後の授業の方針を教科で話し合うことだってできる。

というか、そういったことをせねばならない時期のはずだ。

 

 しかし、相変わらず教師も生徒も「部活Only」である。

校内で「授業」のことをやっている教員は数えるほどだ。

 

 学習がおろそかになりがちな生徒にとっても

この期間にいままでの学習の遅れを取り戻すことだってできるはずだ。

「生徒のために」というのであれば、

部活動と同じ情熱と温度で学力保障をしなくて良いのか?

学力よりも体力が優先されているかのような気になる光景である。

 

 そしてSA/PAでは保護者と見られる方々も目に付いた。

最近の部活動、特に強豪校になれば

保護者が実質的にチームマネージャーとして

行動しなければならない場面がとても多い。

となると結局、子供を部活動に参加させられる保護者は

週末や年末年始・お盆に休みを取って参加できるだけの

時間的・資金的余裕のある方に限られてくる。

 

SA/PAでソフトクリームを片手に談笑しながら歩いている選手達の横で、

ケータイで慌ただしく連絡を取り合っている顧問らしき先生、

そしてこちらも数名でお弁当などの手配を話し合っている保護者会。

 

まるでプロ選手の待遇だ!

 

生徒は試合会場に運んでもらい、

試合や練習をするだけなのではないか。

その他のことはすべて先生(と保護者)が手配してくれるのだ。

これでは「部活しに学校に行っている」と思うのも無理はない。

まあ、実際そうなっている学校ばかりだが・・・。

 

部活動の現状が「自主的な活動」を大きく逸脱しているの

は間違いない、と確信したお盆休みであった。

熱中症で生徒が緊急搬送!でも部活は続く・・・

今年の夏も連日30度を超える猛暑だ。

環境省などのHPを見れば、私のいる地域も

熱中症予報が連日「厳重警戒」or「危険」を示している。

 

環境省によれば「厳重警戒」は

熱中症の危険性が高いので、

激しい運動や持久走など

体温が上昇しやすい運動は避ける。

運動する場合には、頻繁に休息をとり水分・塩分の補給を行う。」

 

ちなみに「危険」

「特別の場合以外は運動を中止する。

 特に子どもの場合は中止すべき。」

とある。

 

もはや日本の夏の暑さは

生徒に運動させてはいけないレベル

ではないのか。

 屋内にいる人ですら熱中症になる危険性がある気温だ。

 

 夏休みに入って、待ってましたとばかりにどの部活も

 連日グラウンドと体育館で長時間練習をしている(させている)。

 とある部は朝から日没まで練習している。

 私が以前インターハイ部を顧問していた時でも

 夏場は3時間程度しか練習させなかった。

 危険だからだ。

 それでもいつ熱中症で部員が倒れるか気が気でなかった。

 

 こんなに暑いのにあんなに練習して危ないなあ、

 と思っていたら、ついに現任校でも

 先日熱中症で部活練習中に生徒が倒れ

 救急車で緊急搬送された。幸い命に別状はなかった。

 

 翌日の職員朝礼で管理職から状況が報告された。

 そして最後に

 「え〜、各部活動の顧問の先生方、

  熱中症対策に十分注意するよう

  生徒への指示をお願いします。」

 歯切れが悪そうに教頭が言った。

 

 え?それだけ!?

生徒が救急車で搬送されるほどの

暑さなのに部活動を一斉中止しない!?

 

 1年で平均500人ほどの人が熱中症により命を落としているのだ。

 若くて体力があるとはいえ、

 生徒が熱中症で死ぬ可能性は十分にある。

 

 なぜ夏の間だけでも、

 部活を中止できないのか?

 何に遠慮をしているのだろう?

 練習時間の確保よりも

 安全性の確保が優先されるべきではないか?

 

 日頃からある意味首尾一貫して

「部活動最優先主義」を貫いているから 

部活を中止するという発想すらない。

生徒の安全よりも部活動をする方が大事らしい・・・。

  

 練習しないと他校に負ける。

 練習しないとサボっているように見られる。

 部活動をしないと生徒がダラける。

 生徒や保護者が納得しない。

 

 こんなことを教師は本能的に感じてしまう。

学校は何でも「横並び」が大好きだから

自分のチームだけ、自分の学校だけ中止なんてできない。

 自分のとこだけ練習をやめたら他のチームに負けてしまう。

 「あそこが2時間ならうちは3時間だ」

 「いやうちは4時間練習するぞ」

 「うちは1日やって差をつけるぞ」

部活動に蔓延する勝利至上主義が、

事態をどんどんエスカレートさせる。

ほとんどチキンレースである。

誰も部活動を止められない。

 

 日頃から、教師も生徒も

 勉強よりも部活動を優先させているからだ。

 全てが部活動を中心に回り始める。

 行き着くところは「生徒の安全よりも部活動が優先」である。

 そのように意図していなくても、

 生徒が倒れた翌日も平然と部活動をさせているのだから同じことだ。

 悲しいことに、毎年どこかで部活動の事故で亡くなっている生徒がいるのに

 「気をつけるよう注意を促してください。」という

 極めてあやふやな指示のみで、今日も部活が行われる。

 

「死んでも銃は手放さないぞ」と叫んだ人もいるが

f:id:kskstan:20160803212403j:plain

 日本の学校「生徒が倒れても部活は中止しないぞ」という状況だ。

 

 夏休みに入り、

 汗だくだくで部活のために登校した生徒に話しかけたら

 「暑すぎて部活が辛いです」

 「1日部活したら1日休みが欲しい」と口々に言っていた。

 

 その競技が好きで、

 自らの意思で入部した生徒たち自身すら

 「やりたくない」と思うような練習を課して、

 誰が得をするのか?

    誰の、何のための部活動なのだろう?

 

生徒も教師も休めない。

誰も止めることができない。

それが部活動の現状である。