読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「部活問題」を考える

「部活問題」「ブラック部活」を中心に、現役高校教師Kが学校現場の問題点を考えていくブログです。

今年もやっぱり起きた・・・「熱中症による部活動死亡事故」

ブログの記事にするのも憚られるが

危ないと記事を書いていた翌日に

中学生が熱中症で亡くなったとのニュースがあった。

イムリーすぎて一月ほど記事を書く気力がなくなった。

しかし、日本の部活動問題を現場から訴えていきたい気持ちは

消えるどころかますます強くなったので、改めて記事を検索した。

その後の調査委員会の報告が行われた旨の記事を見つけた。

 

www.asahi.com

 

調査委員会は「指導が不適切だった」と結論付けたらしい。

「ランニング中に水分をとらせなかった」

「通常は30分間なのに、5分長く走らせた」

という点が「不適切な指導」に当たるらしい。

 

専門家による調査の結果なのだから

「不適切な指導」であったのは間違いではないのだろうが・・・

 

 

そもそも

日本列島各地で熱中症警報が出ている時期に

運動をさせたこと自体が不適切な指導ではないか?

 

どんな経緯で「無給水」となったのかは分からないが、

15分ごとに水分補給しなければならない状況で

運動させることは問題ではなかったのか?

5分長く走らせたことが主な死因なのだろうか?

 

気象庁が「運動は危険ですよ」と言っている

時期に部活動させていたこと自体に原因があるのでは?

調査委員会はなぜその点を指摘しないのだろうか?

 

生徒の命が失われたのに

「暑い時の部活動は禁止すべき」と

なぜ文科や教委は言わないのか?

 

 もう一つ、この調査には突っ込みどころがある。

指導が不適切だった、とのことであるが

この副顧問はそもそも運動を適切に指導できる

資格や経験があったのだろうか?

学習指導要領では部活動はあくまで

「生徒の自主的な活動」とされているはずだ。

 

生徒の自主的な活動に付き添って

「指導が不適切だった」と

断じられるからには、

それなりの職責が負わされていたはずだ。

 まさか、競技素人、スポーツ素人の先生ではあるまい。

 

 部活動の指導をするのに何か資格が必要なんて話は聞いたことないが

まさか、運動指導などの

資格や経験がない先生に

指導を押し付けておいて

「指導が不適切だった」と

言っているのではないだろうか?

 

「指導が不適切だった」と結論付けるからには、

その先生(達)が「自らの意思」で「何かあった時は責任を取る」つもりで

「部活動顧問に就任した」のでなければおかしい。

 

「他の部と兼任」とか

ハンドボールはやったことなくても副顧問だから大丈夫」

「若いからなんでもやれるでしょ」

なんてこじつけられて副顧問をさせられた先生だったのなら

この事故が起きた原因は「不適切な指導」だけではない。

「不適切な指導を行いかねない先生を顧問に任命したこと(者)」も

事故の原因の一つではないのか。

あくまで私の推測だが・・・。

 

あくまで想像するしかできないが・・・

 怪我や事故が伴う部活動を

素人に無理やり指導させたのなら

それは指導だけが不適切で

あったのではない。

部顧問を任命した者の判断や

部活動というシステムそのものも

不適切であったということになるはずだ。

 

本当のところは当事者しかわからない。

しかしこの事故は「部活動のシステム」そのものが

根本的な原因にあるのではないか。

 

こんなに若くして命を落とした生徒さんの無念と

お子さんを亡くされた親御さんの気持ちを思うと

胸が締め付けられる。

 

不幸な事故、不適切な指導、という言葉で無く

もっと部活動そのものを見直すべきだと

私は思う。