読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「部活問題」を考える

「部活問題」「ブラック部活」を中心に、現役高校教師Kが学校現場の問題点を考えていくブログです。

「部活動推進」が部活動に参加しない(できない)生徒への偏見を助長する例

私の前任校はいわゆる「困難校」だった。

一桁の四則計算ができない生徒や

アルファベットを全て書くことができない生徒が多数いた。

 

もちろん学習面で高い実績を出す生徒もいるにはいたが

学校全体として学習・学力で目立つことができないため

「部活動」が学校の最大目標

となってしまっていた。

 

困難校では生徒管理上の利点もあるため

どうしても「部活動」で生徒を学校に引き寄せ

がちになる。

 

そのため「部活動加入率100%」が学校経営目標となっていた。

(部活動って生徒の「自主的な活動」となっていたはずだが・・)

その学校での出来事を紹介する。

 

インターハイ地区予選が5〜6月に集中して行われるので

その前に毎年恒例の「壮行会」が開かれていた。

 

地区予選に出場する部活動生全員が体育館の前の方、

出場しない(つまり文化部、帰宅部)の生徒が体育館後方に

位置して、それぞれの部が部員全員起立し部の主将が

決意表明をする、それを出場しない生徒が拍手で激励する、

という行事である。

 

体育館前方(部活動生)が全生徒の3分の2ほど、

体育館後方(帰宅部・文化部)が3分の1ほど、

という人数比率であった。

 

全ての部の主将が挨拶を終えたのちに、

学校長が激励の言葉を述べたのだが

その言葉が衝撃的であった。

 

「〜(略)ということで、皆さん怪我のないよう頑張ってください。

 ところで、一つ残念なことがあります。

 それは体育館後方に座っている皆さんのことです。

 皆さんにもこの前の方に立ってもらいたい。つまり、

 部活動に参加して、意義ある高校生活を過ごしてもらいたい。」

 

あまりに想像力のない言葉に衝撃を受けた。

後方に座っている生徒の中には

2年連続で全国高校総合文化祭に出場している私の部員や

毎月地域でボランティア演奏をする吹奏楽部など

多数の文化部員がいた。

幼い頃から日本舞踊に打ち込んでいて、

次世代の担い手として期待されている生徒もいた。

学校の部活動にはない種目のスポーツに取組んでいる生徒もいた。

 

さらには部活動をしたいけど、

家計を助けるためにアルバイトをしている

生徒も複数いた。

 

そのような生徒もいるのに

「部活動に参加して、意義ある高校生活を過ごしてもらいたい。」

とは教育者にあるまじき想像力の無さで、

部活動に所属できない生徒にとって、あまりに残酷である。

運動部しか部活動とは見なさない、

運動部に所属していない生徒はダラけた高校生活を送っていると見なす、

と学校長が宣告したにも等しい。

 

部活動に参加していない生徒も

 一人当たり7000円も生徒会費を負担し

各部の消耗品や、旅費と宿泊費補助を負担しているのだ。

 

「部活動はとにかく素晴らしい」

「汗を流して運動に取り組むのが若者らしさだ」

と信じて疑わないから、配慮に欠けるこのような発言が

できるのだろう。

 

この校長は極端な例なのかもしれないが、

こんな考えの教員(校長)が日本にいる、

ということは紛れもない事実である。

 

本の学校の多くで

部活動(特に運動部)が学習以上に推奨されている。

 

「個に応じた指導」と言われて久しいが、

「猫も杓子も部活動をすべし」という雰囲気が

当たり前になっているのが今の学校現場だ。

 

果たしてあなたの学校は

「学習をする場所」だろうか?

それとも

「部活動(だけ)をする場所」だろうか?